So-net無料ブログ作成
検索選択

掃除機対決 Miele VS ダイソン [家電]

掃除機は、いまや「欲しくなる家電」の一つに返り咲いたと思う。
なにしろ、長い間1万円を切る値段でたたき売りされていた掃除機が持っていた「ちっとも吸わなくなる」「音がうるさい」「かえってホコリが舞ってしまう」「でかくて収納に困る」などの問題点が、ここ数年の新機種攻勢で一気に解消してしまった上、デザインのかっこよさとCMのクールさで売り込む「DYSON」の登場が、掃除機に向けられていた視線を一変させてしまった感がある。

実は我が家の掃除機、もう10年間使用したが、敷き込みカーペットマンションに引っ越して以来、ほとんど用をなさない状態になってしまった。

何しろ、カーペットの上に掃除機を掛けても、ゴミを吸うのはほんの一時。あっという間にダストパックが一杯になり、これまた全く吸わなくなってしまう。結局友人を招く際などは、「カーペットコロコロ」をくまなく転がさなければ、髪の毛も糸くずも、全く取れなかったのだ。

これじゃあダニの巣窟になってしまう・・・。

子供が生まれるのを期に、新しい掃除機を選んだ。
「DYSON」はもちろん購入の最右翼である。

・・・・しかし。

なんだか、どうも、眉唾なのだ。

ダストカップからゴミを取り出す時、ホコリが辺りに飛び散りそうな気がしてならない。

ホースがくにゃくにゃで、すぐに折れて痛んでしまいそう。

種類がありすぎて、どれがどういいのかよくわからない。

なんとなく、店員がやたらに薦めてくる。

一度、気になりだしたら、急に欲しい気持が醒めた。

もう一つの候補は「通販生活」で見かけたmieleの「ブルーラグーン」。しかし、ショールームにおいてあったのは「Cat & Dog」だった。

おおきいおおきい、といわれていたが、いままで使っていた日立の500W掃除機とあんまり変わらないし、なんといってもコロのうごきがいいので、引っ張る時に重たくない。

どこもかしこもがっしりしていて、安心して力を入れて使える。
ホースを一回力一杯固結びしても、ほどいて元通りに使える頑丈さ。

一番安く売っている店で、すぐに購入した。

いまや、カーペットは、数年前の姿を取り戻し、毛足の間に入り込んでいた糸くずまですっきりと取れてしまった。
排気は全く臭わないし、第一静かで、何時でも掃除ができる。アタッチメントの「はぼき」みたいなのを使うと、ファンやパソコンの中のホコリまですっきりととれてしまう。

ちなみに、ダストパックは3ヶ月も使っているのに、まだ一杯にならないくらいだ。

絶対、お買い得だと思う。
うちはCat&Dogと20年一緒に過ごすこと、間違いなしだ。

Miele 掃除機 Cat&Dog S4560 ダストパック増量セット

Miele 掃除機 Cat&Dog S4560 ダストパック増量セット

  • 出版社/メーカー: Miele
  • メディア: ホーム&キッチン


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。