So-net無料ブログ作成
検索選択

宣伝費用は誰がもつの? [欲しくないもの]

 空前の低金利マンション建設ブーム!というのはちょっと前の話だったと思う。でも、実際、最近やたらにタワーマンションとか数百戸の規模の大きいマンションが売り出されているのをとてもよく目にする。

 で、大抵、有名芸能人がなぜかポスターとかに刷られていて、その人のイメージ
「なんとなく」利用しているようだ。リチャードギアが東京に住んでるわけない、のだけど、何となく「ハイグレードな」イメージにしてた上げたいらしい。

 他にも、グラビアアイドルがなぜファミリータイプのマンションの広告に出てたりするのかイマイチ理解に苦しむものが多い。結構ギャラ高いだろうになぁ、と思う。モデルルームも、最近はやたらにお金がかかってて、意味もなく胡蝶蘭が飾られていたりする。

 うっかりこういうところに入ると、二言目には「こちらのマンションはグレードが・・・」みたいなセールストークをたっぷり浴びることになるのだが、何が「グレード」なんだろうか。あんなに連発される、ということは、それを言われると「いいものなんだから高くてしょうがないよなー」と思う人も少なくないのかもしれない。

 でも、マンションなんて、結局は「住居」だ。

 華々しく売り出されるのは一瞬で、入居して「ああ、あの新しいところね」と周囲の住民から認知されてちょっといい気分になるのも一瞬。10年も立てば、入居時に一番人数が多かった世代が一斉に老いていき、外壁はくすみ、住人同士がきちんとしていないと、ゴミ置き場やら共用部があっという間に荒れていく。

 きっと、そういう運命を歩むだろうなぁ、と思うような「共用設備」をウリにしているマンションはとっても多い。ゲストハウスやら住民専用の温泉とか、ホームシアター設備とか、そんなにみんなで使うわけないし、こういうものほど古くなると維持費が無駄だとか言い出す人が増えるのだ。

 売り出した時のイメージなんて、何の役にも立たないような気がするけれど、広告会社に取ってみたら美味しい顧客なんだろう。別に、住まいにそんなイメージいらない、と思うのは、私がハイグレードな人間じゃないからなのだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。