So-net無料ブログ作成

今年も年貢を納めてみました [PC関連]

 「年貢」というのは、ジャストシステムの「一太郎」を毎年バージョンアップするための費用のことです。

 実は私、「一太郎」をちゃんと使えません(^^;)。「三四郎」も「花子」も、全然使いこなせません。きっと、覚えて使ったら便利なんだろうなぁと思うのですが、何しろ会社のPCにはインストール出来ませんし、下手に覚えてかえって仕事の効率が落ちたら何にもなりません。

 でも、ジャストシステムがつぶれたら困るので、出来るだけ主力商品を買ってあげたい。つぶれたりマイクロソフトに買収されたりしないことを祈って、毎年の「年貢」を払い続けているわけです。

 例年、2/8頃が納めた年貢の代替品(?)が届く日になります。今年もしっかり当日に配送してもらい、早速インストール。うーん、いつもながらインストールには超時間がかかります。年々巨大化している気がしないでもないです。

 ジャストのソフトは、どれも便利です。メールソフトはSurikenだし、セキュリティソフトはカスペルスキー、もちろんIMEはATOK。自宅のPCは快適極まりない環境なのに、会社のPCの使いにくいことといったらありません。「Natural Input」なんとかというIMEは、いつまでたっても変換が賢くならない(ように見える)し、名前を何人か変換した後に普通の文章を入力すると、全然まともに変換できないこともあって、ほんとーーーーうにいらいらします。
 会社ではすでにそうなってしまいましたが、ジャストが買収された後には、こんなヒドイ入力方法を我慢して使わないといけなくなるのかと思うとぞっとします。

 マイクロソフトに比べたら吹いて飛んでしまうような小さい会社さんですが、ジャストの役割は日本語をPC上で使う上でとてもとても重要だとおもいます。それにはまず、商売を成り立たせて、黒字になるような会社になってほしいです。

 今年も正統なバージョンアップで、いろいろ機能が強化されているみたいです。使ったかぎりではまだ実感できてませんが、これからもがんばって欲しいです。とにかく。

iconicon


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。