So-net無料ブログ作成
検索選択

KORG SDD-2000 [Hotei Sound]

 SDE-2500での「ヘリコプター」再現に行き詰まり(早くも…)が見えてきた今日この頃。いつも感心、というより感服させられる「しんち.com」さんの音源を聴いて急に興味がわいたのがKORGのディレイ。

 布袋ドンズバ、な機材はSDD-3000になりますが、なにせこれは1983年頃に売られていた機材なので、今や骨董品、めったに見かけることはありません。しかも、この機種はU2の人が使っていた機材なので、日本よりも海外でめちゃめちゃプレミアが付いております。

 対してSDD-2000は割に手に入りやすい値段で売っていました。たまたま楽器店で見かけて、購入。

古い機材を買った後は、まず蓋を開けて中身の基盤を確認します。

※ 今更保証が効くような年数ではありませんが、安易にあけて大切な機材を壊したりショートしてけがをしたりすることがありますので、むやみに真似しないでください。

SDD01.jpg

おお、なかなか中身は綺麗です。
よく見ると電源コードが取り替えてありました。
ちゃんと知識のある方だったらしく、芋ハンダになってしまっているような素人工作部分はなく、電解コンデンサーもふくれていないので、これはなかなか拾いモノだったかもしれません。

SDD03.jpg

一番最初に壊れるのはこうしたボリューム部分。同じ部品を探すのは我々知識のない者にとっては至難の業ですが、こうしてメーカーの名前と抵抗値などが書いてあれば、まだ何とか手がでるかも・・・。
秋葉原の電子部品街の店主さんたちは、とっつきにくそうな場所にあるにも関わらず、質問するとわりと親切に教えてくれます。何十円とかで売ってる部品を買って修理できる腕があればなぁ、といつも思います。

SDD02.jpg

・・・・(^^;)。でました。直づけCR2032・・・。
どうしてこういう中途半端な電池がこの時代は主流だったのでしょうか。
各メーカー、電池が切れると修理に出してくれるので、修理代を稼ごうと思ったとはにわか考えにくいですが、大抵は基盤をラックの筐体から外さないと裏面にアクセスすることができず、素人には交換できないです。

でも電池から液漏れしたりすると嫌なので、この後、ニッパーなどを使って電極を電池からはがし、その電極にハンダ付けしてバッテリーホルダーをつないでみました。これで一応、メモリーを活用して使うことができます。

SDD04.jpg

!!!

これはすごい!JRC4558DVが何個もついてます。
しかも4桁シリアルで縦線あり。これは・・・いわゆる艶あり?なのでしょうか。
見る限り片方は艶っぽくて片方はつや消しっぽいのですが。
どうりで音が太いと言われるわけですよね。
うーむ、これは大事にしなくては。

で、音の方はこんな感じ。

静かに興奮しましたね。私は。
こんな感じの音のする曲ありますよね?
私、この曲が一番好きで、でもどうしてもあの鈴の音のような音が出なかったので、からくりが分かって鱗が耳から何枚もでてきました。

大事にしたい機材です。ある意味SDE-2500より大事にしたいと思ってしまいました。





nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 0

コメント 6

cobain

まさに、スーツケースに~ ですね!いや~ヒュワ~音もそうですが、こうやって布袋さんの音を再現できちゃうとなんか感動しちゃいます。

しんちさんってやっぱ布袋、BOOWYファンの間では有名なんですね。僕もたまたまブログ見つけた時はUP曲いっきに全部聴かせていただきました。ここまでされちゃうともはや神業としかいえない。

でもいいものみつけられてラッキーでしたね。僕は怖くて蓋開けるなんて出来ませんが・・・
by cobain (2008-06-03 07:59) 

silta

 ですよね!これが自宅で自分の腕で出せる音なのです。嬉しくてしょうがないです^^感動しましたねぇ。

 一番最初に「この人はすごい」と思ったのはプレ王時代の「拝一刀」さんでした。BADのカッティングはまさにほんものでしたし、ミス・ミステリーレディとか選曲もとっても「分かってる」なー、と思わされたものです。

 しかし真似(正確にはコピーのコピー、でしょうか)はとてもできそうにないので、気長に気持ちいい音を出せるように続けようと思います。

 怖いですが、古い機材は知識のある方に、一度は中身を見て貰ったほうがいいような気がします。電源周りとか、コンデンサとか、液漏れしていたりすると危険です。
 なし崩しで「ヴィンテージ機器」だから売買OK、になった楽器たちですが、本当はやっぱり古くて危ないものがあるのも事実。
 私も使わない時はテーブルタップ側で電源を落としています。あとどれだけ一緒にいられるかわかりませんが、ずっとそばにいて欲しいですね。愛しき機材たち(笑)。

by silta (2008-06-04 00:26) 

景虎

ス、凄い!!
仕事中だったので私も興奮を抑えるのに必死でした。これってどんな設定ですか??
SDD-2(3)000じゃないと再現できませんか?
拝さん、私も大ファンでした。
彼からはサウンド、機材関連で色々教えて頂きました。
by 景虎 (2015-04-13 14:57) 

silta

コメントありがとうございます。
結局この機材、手放すことにしてしまったのですが、今聴いてもなかなかそれっぽいですね(^^;

SDDのペダルの方を買ったので、それで再現できないか、ためしてみているところです。
また前進したら、アップしてみますね。

拝さんとお話なさったことがあるんですか!
今、どうなさっているんでしょうね。
この分野のパイオニア?ではないかと思います。

by silta (2015-04-14 00:38) 

景虎

お返事ありがとうございます。
こちらのブログ、最近更新されていないよう
でしたので、ダメ元コメントだったのですが
大変うれしいです!!
ペダル版入手されたのですね~うらやましいな~
あれってホールド機能も出来るんですか?
音源アップ期待しております!!!
腕を磨いて準備しておきま~す

彼とのやり取りは本当に楽しくて楽しくて
沢山の知識などを授かりました。
ネットで超有名になってその後もやりとりしていた
のが今では懐かしいです。
by 景虎 (2015-04-14 17:39) 

silta

こちらこそありがとうございます。
それが、ペダル版にはホールドがないんですよ・・・。なんで??って感じですが。

SDD-3000もリペアしたものをもっていましたが、やっぱりいろいろ限界で、それを機会に「ドンズバ」にこだわるのをやめ、リイシュー版で機材を再構築しています。

「ギタスレ組」のみなさまとか、拝さんのあとをついだ方はたくさんいると思います。
一度、話してみたかったなぁ。
うらやましいです。
by silta (2015-04-15 00:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。